◆福井県士会 学術局◆


 学術局は士会学術大会部、専門領域研究部、学術誌部の3つの部があり、部長含めて合計約90名の部員で、学術活動に関する事業を展開しています。理学療法の対象が幅広くなってきている現在、専門領域研究部では知識や技術の向上を図る目的で研修会およびセミナーを開催しています。さらに会員の実践的かつ独創性豊かな学術研究活動の促進を目的に研究助成を行っています。
 また、士会学術大会部では日頃の研究成果を公表する場としての学術大会の企画・運営・開催を行い、学術誌部では学術誌「理学療法福井」の発行を行っています。理学療法の分野において、対象となる疾病の構造が複雑化するとともに幅広い知識・技術が要求されてきていると思います。年々、福井県においても理学療法士の会員数が増えてきていますが、研鑽を積む機会が提供できるように活動しています。